パーソナルトレーニングで痩せないとお悩みのあなたへ。理由を解説!

近頃、本当にパーソナルトレーニングジムが増えましたね!

うちの母の優しさなのか、実家へ帰ると、同業者の新聞広告を切り抜いて取っておいてくれる為、おおよその情報が入ってきます(笑)

といった感じで、ジムやスタジオが増えていると同時に、パーソナルトレーニング人口も確実に増えているといった印象です。
現に、当スタジオでも「パーソナルトレーニングを受けたんですけど…。」のような方が近頃増えてきていることが、その証かなとも思います。

ちなみに、結果が伴わなかった方に過去のトレーニングのお話を聞くと、共通して言える点がいくつかあります。

正直、トレーニング内容についても「ん?」と思うことはあるのですが、他のパーソナルトレーナーさんについては、みなさん様々な考えでやっていらっしゃっると思いますし、私が色々言える立場ではないので割愛致しますが、トレーニングしても結果が出なかったというお客様ご自身のことを過去17年の経験からお伝えして行ければと思います。

ダイエット(減量)のことも、以前の投稿がありますので、こちらも合わせて参考にしていただけたらと思います。
パーソナルトレーニングの食事指導!しっかり食べて痩せるが基本
ダイエットと減量って一緒?


体重が全てになっている

ここについては、よく聞く部分かと思いますが、大切なことですので、あえて記載します。

ズバリ言いますが、「人は体のどこをみて美しいと判断しますか?」

おそらく体重では、ありませんよね?

初対面で、「あなた美しいのですが、体重何㎏ですか?」
これを言った瞬間、2人の心の間には分厚いアクリルのパーテーションが張られるでしょうね…。

人は、美しいということを体重ではなく「バランス」で判断します。

芸術的に美しいとされるモナリザもダヴィデ像なども、そのすべては、最高のバランスが考慮されてつくられています。

それを人で考えると

☑骨格ラインが整っていたり
☑筋肉のボリュームバランスが整っていたり

メリハリある均整がとれた体が、美しさの指標になるのです。

もちろん、そのバランスを崩す原因となる体脂肪を落として行く必要があるのですが、体重という大枠な数字にばかり意識が向き、美しさの基準となる、バランスの変化に喜びを感じられなくなることが、モチベーションダウンにつながると私は考えています。

メンタル的な話にもなるのですが、体重をメインの指標にしていると、体重が停滞した瞬間、自らの体を愛せなくなります。
それどころか、「あーこれを摂るから太るんだろうな。」と食が恐怖となり、いつしか体重を図ること、体重が減るという喜びがなくなり、トレーニング自体も楽しくなくなってしまいます。

実際は、これまでのトレーニングの努力から手にいれた、喜ぶべき体の変化は、間違いなくそこに存在するのに。

あくまでも、体重は1つの指標。
それ以外の自らの変化を日々感じる習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

心と体は一致します。
自らに対し、心の豊かを感じていると、不思議と変化が出ていたりするものです。

「自らへ不足感からのプレッシャーを常に掛けた状態」と「自らを愛し、楽しくトレーニングライフを過ごせている状態」
結果として後者の方が不思議と変化が出てきそうではないですか?

もちろん、豊かさだけを感じて、ずさんな食生活を送っていれば良いという訳ではありませんよ(笑)
これは、次の項目にも繋がるのですが、数字に脅迫感を感じずに、ダイエットにしても、ボディーメイクにしても、前向きな気持ちで取り組めた方が、結果が繋がることが多いということです。

カロリーとグラムからの脱却

カロリーが高いと体脂肪になるの?

食事指導を日頃から行うトレーナーからあえて問います。

「カロリーってなんですか?」

「えっ!トレーナーなのに。」なんて言わないで下さいね(笑)
あえてですからね。あえて。

ちなみに、カロリーとは「熱量!」

活動に従って吸収消費されるエネルギーの量を指します。

ということを踏まえて、エネルギー量が多いから体脂肪へと変化するのでしょうか?
私は何かしっくりきません。
「あーそうだよね…。ん?どういうこと??」みたいな、繋がっているようで繋がっていない感覚です。

例えば、これをお伝えしたら、しっくり来ていない理由が分かるでしょうか?

良くある教科書通りに言うと
炭水化物1gあたり4kcal
たんぱく質1gあたり4kcal

カロリーは同じなのに、世間一般では、炭水化物の方が体脂肪になるとされている。
と考えると、「カロリー = 体脂肪」は少し厳しいのかもしれませんね。

先ほどもお伝えしましたが、カロリーはあくまでも活動時のエネルギー量の話。
体脂肪に変換する量のことではありません。
といったことを踏まえ、ダイエットの側面で述べると、極力ストレスはない方が良いことは間違いありません。
ですので、当スタジオではカロリーでお伝えすることはほぼありません。

グラムもみんな違ってよし!

カロリーと同様に、グラムに関しても細かく「何グラム」とはあまり言いません。
アバウトには言いますが。

それはなぜかというと、「人はみんな違うから」。

同じような食事をしても太る太らないってやはりありますよね。
性別年齢はもちろん、生活習慣も違いますし、筋肉量(グリコーゲンの貯蓄量)も違います。
それと、消化吸収の働きも違います。
さらには、東洋学的な気の流れやメンタルも影響しますし、それを一括りにして、「何グラム」と断言することは少し違うのかなと思います。

最初の項でもお伝えしましたが、ダイエット成功のポイントは、ストレスとの向き合い方にあります。
毎食、糖質は何グラム。たんぱく質は何グラム。と考えながらの食事はストレスでしかありませんし、逆に、食への執着心を生んでしまいます。

では、どうしたら良いのか?

減っていたら摂っても良いし、増えていたら減らせばよい。

それだけのことなのです。

ここだけ聞いていると、とてもいい加減なように感じるかと思いますが、スタジオでは、お客様の状態や環境を考慮しながら、アバウトな指標を明確にお伝えしております。
その中で、グラムにおいても、最初のみ大枠の目安はお伝えしております。

自ら痩せるという覚悟を決める

色々言いましたが、個人的には、この部分が1番大切なのではないかと思っております。

ここからの文章は少しきつめになってしまうのですが、ホントものすごく優しいトレーナーなのでご安心を(笑)

ということで、本題なのですが。

「あなたの今の姿をつくったのは誰ですか?」

「体重を上げたのは誰ですか?」

「体をゆるませたのは誰ですか?」

そう、全てはあなた。
自らが選んだことなのです。

中には、仕事の都合や家の事情で運動することが出来なかったとか、ストレスから太ってしまったという方もいると思います。
ここについては、説明すると長くなるのですが、いろいろなことが起ったとしても、最終的にあなたの体であり、その姿は、やはりあなた自身がつくりだすことしかできないのです。

そして、逆のことを言うと、「変えるのも自分!

もし理想とする姿があるのならば、自分にしか変えることは出来ないのです。

変える、変わると決意した瞬間、絶対に人は変わります。

パーソナルトレーニングの料金は決して安い額ではありませんし、それでも変わろう!と決意することは、とても大きな覚悟もいることだと思います。

だから、その分変わるのです!

ただ、ここで間違えないで欲しいことが1つあります。

変えるのは、トレーナーではありません。
最終的に自らを変えるのはあなたです。

こう言うと、とても無責任に聞こえると思うのですが、そう聞こえたら仕方ない!

私は最大限の知識と技術で指導は致します。
それは、あくまでもサポートするということ。

先ほどもお伝えしましたが、変えるのは自分です。
トレーナーに変えてもらおうという方は、絶対に変わりません。

そのような方が良くおっしゃる口癖の1つ。
「変わるかなー。」

もちろん不安なのは分かります。
お金も時間も掛けていますし、変わらなければ「何だったのー!」ってなってしまいますもんね。

なので、私としては、「自分は変ることができるんだ!」という自信を少しずつ取り戻せるように、トレーニング内での気づきや導きを与えられるような存在でありたいと常に思っております。

ところで、自ら変わる決意というのは、「お家でも自らトレーニングして、宿題をせっせとやらないといけないよ!」といったことでもなく、「パーソナルトレーニングの時間内で自ら変わろう!」それでも良いのです。

大切なのは、自らに課す決意と覚悟!
行動の話ではなく、気持ちの話。

気持ちが変われば、行動が変わります。
そうすれば、自ずと結果がついてくるかと思います。

最後に、また弁明のようなのですが…(笑)

正直、今回このテーマをお伝えしようか少し迷いました。
ただ、この決意と覚悟がないとせっかく貴重なお時間、お金を頂いたのに結果が出ないということになってしまいます。

なので、自ら決意と覚悟を決めた方は、是非お問い合わせ下さい。

冒頭でもお伝えしましたが、「結果が出なかった。」とご来店の方の結果は出ています。

確かな結果を出すに値する知識・技術で全力にサポートさせていただきます!!
パーソナルトレーニング体験

こちらの記事もオススメ!
ボディメイクする女性にとって大切なポイント!ダイエットとも比較
パーソナルトレーニングの効果はいつから出る?おすすめの頻度は?

関連記事

  1. パーソナルトレーニングの食事指導!しっかり食べて痩せるが基本…

  2. パーソナルトレーニングの費用対効果は?コストパフォーマンスを…

  3. パーソナルトレーニングとは?個別だからこそのこんなメリットが…

  4. ダイエットと減量って一緒?

  5. パーソナルトレーニングジムをお探しの方へ

  6. ボディメイクする女性にとって大切なポイント!ダイエットとも比…