脚痩せが得意なパーソナルトレーニングジム!痩身とも比較

私がパーソナルトレーナーとして独立してから、13年ほど経とうとしていますが、様々なお客様のボディーメイクや機能改善を担当させてもらいました。
加圧トレーニングを指導している時期もありましたけどね。
自分の指導指針とは違うため、今は行っておりません。

それはさておき、どのような依頼を受けて指導することが多かったのかな?とふと思ったのですが、やはり私の場合、圧倒的に、脚!

どれくらいの方と言われると、細かく数えてきたわけでないので言えないのですが、ここ8、9年は脚の相談を良く受けてきました。

業務委託先のスポーツクラブでは、嬉しいことに、「脚のことは、長瀬さんに聞くとよいよ!」とご紹介でご相談いただいたり、「他のパーソナルトレーニングジムで指導を受けていたのだけど、長瀬さんとなら改善しそうな気がして!」というお言葉を頂くこともありました。

生意気なようですが、結果は出してきたつもりですし、このような方がいらっしゃると、いつもワクワクします。

そして、このような流れもあり、2020年3月に長野県松本市に「脚専門トレーニングスタジオ フレキシ」をオープンしました。

なので、「脚痩せならフレキシにお任せください!」「ここに来たら脚が軽くなりますよ!」
と胸を張って言えますし、脚のことを語り出そうものならば、様々な角度から語ることができます。
このブログももちろん。様々なことは書けるのですが、本日はこのような脚痩せのノウハウから「脚が太くなる原因」や「エステでのアプローチ」との比較を明確していけたらと思います。

自信ありそうな冒頭文になってしまいましたが、わたくし長瀬、結構謙虚な人間です(笑)

脚が太くなる原因

「脚だけがどうしても痩せないんです。ダイエットすると上半身は痩せるのに。」
「パーソナルトレーニング、ヨガ、ピラティス、そして、ランニング。と様々なことを試したのに。」
とお悩みの方、とても多いです。

でもこれって、どうしてなんでしょうか?下半身だけ痩せないって不思議ですよね。

脚太りの種類

脚太りの種類は大きく分けると3つ。

➀筋肉太り
②脂肪太り
➂浮腫み

この3つに分けることが出来ます。
コロナ禍で、たくさんの情報が入るようになりましたが、近頃よく見かけるのが、①の筋肉太り。
「太ももの筋肉を使いすぎて発達してしまっているんです!」といった投稿。
正直なところ、私も以前の投稿で、このようなことを言っていたかと思うのですが、日常の重力程度の負荷でそこまで筋肉が発達する?多少は太くなるだろうけど。と疑問を感じ、調べておりました。

そこで、辿り着いたのが、「結局これ全部だな。」
①〜③までがMIXされて太さが形成されていることを確信しました。

このメカニズム、NHKでも違った趣旨で取り上げられていたようですが、ざっくりというとこんな感じです。

①が原因で②が引き起こる。
②が原因で③が引き起こる。

結果としては、①~③すべてが混在しているのですが、①により脚の太さが引き起こっているということなんです。

脚の筋肉が硬くなる原因

ということは、述べたように「筋肉太り」をまず解消して行けば、全体の細さが表れてくるということです。

ここは余談なのですが、筋肉太りで脚が太くなっているという以前の投稿も、理屈としては間違ってはいないということですね。
自らの擁護はさておき、本題に戻りますが(笑)

ここで言う「筋肉太り」とは、「負担の掛かっている筋肉」と捉えると分かりやすいかと思います。
使いすぎてパンッと張っているような状態ですね。

では、何故このようなことが起きるのか?

答えはズバリ!
「骨格ラインの乱れ」にあります。

骨格ラインが乱れた状態とは、筋肉を使うバランスが崩れている状態。

乱れている骨格ライン、姿勢を分析すると、「負担が掛かっている筋肉」と「負担が掛かっていない筋肉」が一目瞭然とばかりに見えてきます。

ここで重要なのが、「負担あり筋肉」よりも「負担なし筋肉」!

例えるならば…
ある社員や部署が楽をしてサボっている為に、他の社員や部署に負担が掛かりパンク寸前。
会社という骨格が傾いてしまっているという状態なんです。

逆に言うと、会社全体を分析し、機能していない部署の働きを活性化して行くということですね。

分かりました?
いつもうまいことを言おうとして、お客様が「ん?」みたいなこともあるのですが(笑)

要するに、負担なし使っていない筋肉を使えるようにすることこそが、負担が掛かり過ぎて、筋肉太りしている部位を細くする近道といえるのです。

では、こちらを踏まえて脚痩せしたい方が興味深いであろう、痩身の話をさせていただけたらと思います。

痩身の利点と比較

痩身では、専門的なさまざまなアプローチをして行きますよね。
マッサージや筋膜を整えたり、脂肪細胞を砕いたり、温めたり、リンパを流したりと。

「脚太りの種類」の項目でも記載した通り、②脂肪太り、③浮腫みといった太さを構成する部分へのアプローチがしっかりとできます。

これは、パーソナルトレーニングではあまりやらない大きな利点です!

ただ、1つ考えて欲しいのは、パーソナルトレーニングで自ら脚を動かす利点なのです。

脚痩せの改善方法

他の項目でも記載してきましたが、痩身等の施術の利点である②脂肪太り、③浮腫みはなぜ起こるのか、何と一緒に起こっているか覚えていますか?

そう、①筋肉太り

負担が掛かりすぎている筋肉の存在と脂肪の蓄積、浮腫みが併発するという点なのです

と考えると、負担の掛かり過ぎている筋肉の負担を減らすことが、脂肪や浮腫みを減らし、脚を細くする近道ということなのです。

さらに言うと、負担を減らすには、「負担がなかった筋肉を使えるようにすること」
ここが脚痩せの最重要ポイントになる訳です。

トレーニングにより、使えていなかった筋肉を使えるようにすること。
その結果、筋肉のバランスが整い、骨格ラインも整い、脚が痩せていくということなんです。

でも、ただ単にトレーニングをすればよいという訳ではありません。

筋肉のバランスを見ながらボディーメイクをすること、使えていない筋肉を的確に締めて行くことがポイントとなってきます。

「では、どこを締めたら良いの?」

そこが気になりますよね。

この部分については、他で載せていますので、以下の記事も参考にしてみて下さい!
脚痩せでジムをお探しの方へ。効果的なおすすめエクササイズを紹介!

こちらの記事もオススメ!
太ももは鍛える?鍛えぬ?
あなたの太ももが1番輝くサイズ
太もも痩せエクササイズと太くなる原因

関連記事

  1. ふくらはぎの太さを解消!【まとめ】

  2. 『太ももは鍛える?鍛えぬ?』

  3. 『美しい脚は、痛みがない。』

  4. 脚トレーニング、これは逆効果!

  5. 『美しい脚は、痛みがない。』続編

  6. また戻るセルライト