足首を細くする《アキレス腱断裂からみえたこと》②

動かしても細くならない足首

前回、足首を細くするには、「とにかく動かして、リンパ液と脂肪の蓄積を防ぐ」とお伝えいたしました。
足首を細くする《アキレス腱断裂から見えたこと》

しかし、これだけでは、細くならない方もいらっしゃいます。

なぜこのようなことが起こるのか?

ズバリ!
「関節が正しい方向に動いていない」

正しい方向に動いていない…。
すなわち、足首の関節がズレて動きが悪くなることで、足首の動きが制限され、リンパ液と脂肪が蓄積してしまいます。

足首を構成する骨は3つ。
脛骨・腓骨・距骨
この3つがズレて出すことで関節にロックが掛かり、足が上に曲がらなくなります。

図でいうと、「背屈」
こちらに曲がらなくなってしまうのですね。
高いヒールを履いてばかりいると足首が背屈側に動かず、太くなってきてしまうのも同じことですね。
もちろん、履いていなくても、先程述べたように関節がズレて、ロックが掛かることで、リンパ液のポンピングがなされず、関節が動いていないことで脂肪が蓄積してしまうですわけですね。

なので、足首を細くするには…
①足首をとにかく動かす
②足首を構成する関節を整える

ここが大切になります。

「では、どうしたら足首が整うの?」
「ズレているってどういうこと?」

この辺りについては、またの機会にお伝えして行けたらと思います。

パーソナルトレーニング体験のお知らせ《松本市フレキシより》

フレキシでは、1周年を記念して体験キャンペーンを実施中!
詳しくは、こちらをご覧ください。
リニューアル記念「体験キャンペーン」

関連記事

  1. 『太ももは鍛える?鍛えぬ?』

  2. あなたの脚は、O脚?それとも…

  3. たった2つで美しくしなやかに! 2Step Exercise…

  4. また戻るセルライト

  5. 『美しい脚は、痛みがない。』

  6. 太ももを細くする【まとめ】