『美しい脚は、痛みがない。』続編

競技目的のパーソナルトレーニングで美脚になった訳

前回の続きですが、機能を改善する目的でトレーニングしていたY様の脚が美しくなったのはなぜか…。
美しい脚は痛みがない①

端的に言うと、その理由は「骨」にあります。

例えば、痛み。
筋肉の長さのバランスが崩れると、骨が本来ある場所からずれ出し、骨に負担が掛かったり、神経を圧迫し出します。

例えば、美脚。
痛みと同様、筋肉の長さが崩れると、ある一定の筋肉が縮み、ボリュームが増す一方、その筋肉と対比する筋肉は、ゆるんでタルンタルンな状態となります。
筋肉は骨に付着している為、骨の向きが変わり、O脚や膝下O脚など、美脚ラインが崩れる訳です。

なので、Y様の場合は、
股関節の動きを良くしようと骨の正常なハマりを目指しすべく、負担の強かった太ももを伸ばし、使えていなかったお尻の筋肉を締めることで、骨のラインが整うと同時に、太もものハリがとれ、お尻がキュと上がった美脚を取り戻したということですね。

今後、このような美脚や痛みなどの機能的な部分での投稿して行きますので、お読み頂けるとより理解が深まるかと思います。

関連記事

  1. ふくらはぎのサイズを美しくみせるには

  2. 『美しい脚は、痛みがない。』

  3. 脚トレーニング、これは逆効果!

  4. また戻るセルライト②

  5. 足首が太い理由

  6. O脚…その筋肉の特徴とは?